交通事故を起こしたら

年間の交通事故、減ってはいるものの、ゼロにはほど遠いです。
そんな現代で、ちょっとしたタイミングであなたも加害者になることだって考えられるのです。
私は、僕は絶対にないと言い切れません。
万が一、加害者になった時のことを考えてここでは、何をすべきかを説明します。
まずは119番への連絡もしくは110番への連絡が必要です。
被害者がいない場合(対物事故など)場合は、警察へ。

負傷者の救護が先決です。
ここを誤ると話が大事になってしまいます。
素早さが必要です。
もし高速道路の場合、道をふさいだり、人が安易に道路にい立つと、さらなる事故が生まれてしまいます。
救護の次には場所の移動が必要です。
救護の要請をし、警察出動すると、その時の状況を警察官から尋ねられるので的確に答えましょう。
被害者にケガがないと、話し合いですませてしまうケースがあるのですが、それは危険です。
後から後遺症が出てくる場合、あとから言いがかりをつけられる場合など。
証拠がないので言わっぱなしになってしまい加害者が今度は被害者になる可能性もあるのです。
何もなかったとしても、警察を呼んで事情を説明することで、後腐れなくことが済みます。

最後に、警察関連の手続きなどが完了したら、保険会社や被害者への見舞をしましょう。
保険がおりると、本人や被害者の治療費、車などの修理費がそれで補えます。
なにはともあれ、隠さずに的確に対処することで被害を最小限に抑えることができます。


[特選外部リンク]
交通事故加害者になってしまった場合に弁護士に無料相談が出来るサイトです・・・交通事故の相談